マスターとスレーブ

| トラックバック(0)
パソコンの世界では、昔からあることばですよ。

マスター スレーブ
つまり

主人 と 奴隷

です。
これって、まぁ機械の動作の主従関係を表しているんですよね。
だから、本当にご主人様と奴隷っていう関係じゃないんですけど、
解りやすいようにそういう風に命名されていたわけです。

奴隷とか、現代にそんなのいるの?
っていう気がしますよね。

でも、まぁ実際にはいるんですよね。

例えば外国人実習生とかね。
これ、完全に奴隷ですよ。

日本に連れてきて、低賃金で働かせて、
パスポートとか取り上げて、逃げられないようにして働かせる。
恐ろしいことこの上ないです。
最低ですね。

で、コンビニとかもこれですね。
全部じゃないけど、セブンとかそうでしょ。
本部がマスター
オーナーが奴隷
こういう構図です。

24時間営業無理だっていうことで、話題になっていましたけど、
あれ、24時間無理ですっていったオーナーに対して
莫大な違約金を払えとか脅していましたからね。
どこが、オーナーなのかw
オーナーという名前の奴隷ですねw

本当に怖いですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.japan-soccer-senmon.com/mt-tb.cgi/131

このブログ記事について

このページは、morimoriが2019年3月22日 09:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「数兆円かせぐけど」です。

次のブログ記事は「なつぞら」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

<オススメサイト一覧>
ローヤルゼリー+セサミンE